ダンボールが無い時代トップ >>

ダンボールが無い時代とは

ダンボールが無い時代へアクセスしていただき、ありがとうございます。

ダンボールが無い時代

ダンボールが無い時代は物を運ぶのに木箱が広く使われていたのです。

引越しの荷物も、りんごも大きな木箱に入れて、貨車で運んでいましたが、これがやがて段ボールへと替わってきているのです。

ダンボールの実用性が産業界、特に物流の分野で注目され始めたようです。

当初は内装用として使われていた段ボールですが1894年になると外装用、木箱等にとってかわる輸送容器としても使われ始めたのです。

ハクサイも以前は、縄で縛っていましたが、やがて、水を弾く段ボールケースに替わり、トラックで運ばれるようになってきているのです。

現在では全ての工程がコンピューターによる一元管理により製造されるようになり、物流を中心に産業界では、今や段ボールは内装用・外装用を問わず、 画期的な包装材として欠かせない存在となっているのです。

ふろしきの使い方といえば、贈り物を包んで持っていく時に使うものというのが一般的なイメージになっています。

でも、最近はもっと身近に色んな機会で使われるようになっているのです。

ダンボール原紙を多層構造にして梱包資材に使用できるよう加工した板状の紙製品なのです。

波状に加工した紙を裏表の紙で挟んで接着し、強度を持たせた構造をしているのです。

名前の由来は原紙にボール紙を用いていたことがあり、断面の波型が階段状に見えることによるのです。

地球環境の保全が増々クローズアップされている中で、 ダンボールの存在意識も高まっているようです。

ダンボールが無い時代記事一覧

ダンボールが無い時代

ダンボールが無い時代

ダンボールの今と昔

当サイトについて

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。